発毛剤一覧

育毛剤と養毛剤の違い

イクオスは、厚生労働省が育毛に
効果があると認可した
「医薬部外品」育毛剤です。

 

ところで、育毛剤と養毛剤の
違いをご存知ですか?

 

育毛剤とは?

育毛剤はその名の通り、生えている
毛を育てることを目的としています。
頭皮環境や血行を改善し、髪に栄養を
与えることで髪の成長を促進し、
薄毛・抜け毛を予防します。

 

育毛剤の中でも、薬機法に定められた
「脱毛の防止・育毛」を目的として、
有効性が認められた成分が配合されて
いるものが「薬用育毛剤」です。

イクオスは、医薬部外品です。

育毛剤の中には「薬用」でなく
「化粧品」に分類されるものも
少数ですが存在しています。
薬用でない育毛剤には有効成分が
配合されていないので、薬用に比べて
効果が出るまでに時間がかかったり、
期待外れの結果に終わることも
少なくないようです。

なので、育毛剤を選ぶ際には
「薬用」「医薬部外品」の表示を
必ず確認するようにしましょう。

 

イクオス

 

薬用育毛剤イクオスは、有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム、
塩酸ジフェンヒドラミン、
センブリエキスに2つの海藻エキスを
凝縮配合したイクオス独自のスカルプ
ケア成分「アルガス2」を配合!

頭皮環境を整えたり生えている毛を
丈夫にすることで抜け毛を防ぎ、
髪をボリュームアップする効果が
期待できます。

イクオス育毛剤は、育毛・発毛を
促進する効果が速いのが特徴です。
天然由来の成分なので、肌の弱い方や
女性の方でも安心してお使い頂けます。

 

一方、養毛剤とは?

養毛剤は、頭皮や髪を健やかな状態に
保つためのもので、薬機法の分類では
化粧品にあたります。生えている毛を
ケアする点では育毛剤と同じですが、
効果は育毛剤よりもマイルドです。

 

また、発毛剤もあります。

発毛剤は、毛が生えてこなくなった
部分に毛を生やすためのもので
厚生労働省により発毛効果が
認められた有効成分が配合されており
毛母細胞に働きかけて発毛を促します。

発毛剤には内服薬と外用薬があり、
いずれも医薬品のため医師の処方か
薬剤師のいる薬局でしか買うことが
できません。
発毛剤は、効果が高い反面、副作用の
リスクがあり、未成年の使用が
禁じられているほか女性の使用に
ついても注意が必要です。

 

薬用育毛剤は、発毛剤と違い、
生えてこなくなった髪を生やすことは
できませんが、抜け毛が気になる、
毛が細くなったなどの悩みを
抱えた方におすすめです。

 

薬用育毛剤イクオスの詳細はこちら↓
【薬用育毛剤 イクオス】